いざという時のファクタリング!資金繰りを改善

即日ファクタリングをするには

873c3a648e7f55b31820e0c1832c89be_s

株式会社などの法人の場合には、資金繰りをどうするのかというのがたいへん重要となってきます。

仮に、取引先の企業から入金されるはずの売掛金をあてにして事業を運営していたものの、なんらかの理由で入金が遅れてしまったとすれば、いずれ入金されることには間違いはないものの、入金されるまでの支出に対応できず、資金のショートを招いてしまいます。

このような緊急性がある場合に、資金をなんとかして確保する手段に、即日で受け付けてもらえるファクタリングがあります。

ファクタリングの概要について

ファクタリングは、売掛金としてもっている債務を、特定のファクタリング会社に買い取ってもらうというかたちで、当座の現金を受け取ることができるというサービスです。

銀行の事業用ローンとは違い、借金ではなく、売掛金という裏付けがありますので、割と審査なども迅速に行ってもらえるというメリットがあります。ただし、やはりファクタリングの場合であっても、いかに審査が迅速とはいえ、数日程度はかかってしまうのがふつうといえます。

もしも緊急の現金の需要が発生して、即日を希望ということであれば、はじめから即日現金化が可能であることをうたっているファクタリング会社に的を絞って申し込みをすべきといえます。この場合、ネットの専用フォームから申し込みをして、ただちに審査をしてくれるといったサービス体制になっていることが多いものです。

即日にファクタリングで資金調達するには

即日のファクタリングについて、最低限満たさなければならない条件としては、事業用の資金の需要であることと、売掛金債務を一定の金額有していることのふたつになります。

特に、翌月や翌々月の売掛金の金額がどの程度となっているのかや、今回ファクタリングを依頼する希望金額はいくらになるのかの兼ね合いが大きいといえます。審査については厳しくはないとはいうものの、それなりの信用を積み上げている企業のほうが、即日のファクタリングに応じてもらえる確率は高いといえるでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

アーカイブ