いざという時のファクタリング!資金繰りを改善

ファクタリングの仕組みについて

22c94a431898dd356fc9e2fbaa006a19_s

ファクタリング取り引きとは売掛債権を資金化する仕組みのことをいいます。

売掛債権とは、商品(サービス)の納品(提供)が終了していて、請求済みであるものの、未入金の状態にある債権のことをいいます。その売掛債権を第三者の専門会社が買い取ることをファクタリングといいます。

ファクタリングの仕組みを活用すれば資金化されるまでのタイムラグを埋められる

仕入れをした際、企業の間では実際に資金を動かさずに掛けによって売買が成立していることがほとんどです。そのため、相手の企業との支払いサイトの長さによっては、資金化されるまでにタイムラグが生じてしまいます。

それが会社のキャッシュフローに対してマイナスに作用することがあるので、それを解決する方法としてファクタリングという方法があります。売掛債権を実際に資金化されるまでの一般的な流れですが、まずは商品の納品やサービスの提供が完了すると売掛金が発生します。

売り掛け先の企業と契約を結び、ファクタリングの承諾を得ます。ファクタリング会社とも契約と承諾を結びます。売り掛け先の企業と請求金額の確認を行います。ファクタリング会社へ請求金額を通知します。売り掛け先企業と請求金額を確認します。

ファクタリング会社から早期の売掛金の支払いを受けます。売り掛け先企業から、ファクタリング会社に対して期日通りに売掛金が支払われて終わりです。

この仕組みによって、企業側としては資金を回収するまでのタイムラグを解消することが可能となります。

ファクタリングのメリットどデメリットについて

メリットとしては、売掛金を早期に資金化できる点が一番大きいでしょう。

金融機関からつなぎの融資を受けてしまうとそれは借入金になってしまいますが、この一連の流れは借入金ではありません。売り掛け先の企業が倒産しても支払いのリスクは発生しません。

売り掛け先の企業が倒産してしまった場合でも、譲渡金を返済する必要がないのです。デメリットとしては、手数料や買い取りの掛目が必要になります。
売上がその分目減りしてしまうということになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー一覧

アーカイブ